「好きなことを仕事にする」ということ。
ピアノ講師をしていると、
いろんな人から「好きなことを仕事にするっていいわねぇ」とよく言われる。

・・・うーん、でもそれは違うんじゃないかなぁ・・と思う。
わたしにとって音楽は仕事であり生活のすべて。
人に音楽の楽しさを十分に伝えるためには、
自分が音楽を理解していないといけないと常々思っているので、
ただ漠然と聴いて、これ好き~!というわけにはいかない。

まずどんなところがいいのか、
それから曲の構成から音やリズムの使い方まで、
ほんとに、細かいところまで聴き、考える。

特に今流行ってる曲などは、
楽譜なんか買わずにすぐ弾こうとするから楽しめるはずもなく、
冷静すぎて素直に感動することができないことが多い。




でも、いつもこんな聴き方をしてると、楽しめないので、
いつ頃からか、アンテナを立てない聴き方もできるようになった。

桑田佳祐の歌は好き。きゅんとくる。
曲の分析をすれば桑田パターンは決まっている。
でも、そういうことは考えないようにしている。
松田聖子のスイートメモリーズも好き。
中島美嘉やいきものがかりも好き。
ユーミンのコンサートでは大泣き、
ドリームガールズのビヨンセやジェニファー・ハドソン歌声にも感動の涙!!・・・



・・・わたしは音楽評論家にはなりたくないと思っています。
素直に聴いて拍手したいんです!!
そしてみんなと一緒に楽しんでいきたいと思います。

ピアノ講師をして、よかった。
このHPから「メール受信」のお知らせ。
レッスンに関するお問い合わせだろうと見てみると、
「先生、覚えていらっしゃいますか?〇〇です。」
それは、わたしが結婚する前に福岡で教えていた生徒でした。
そのころ彼女はまだ小学生。
今はお母さんになっている様子。
ピアノは一旦止めたものの、また復活している・・と言う。
他にも、生徒がママになって子どもがピアノを始めた。など、

こういう便りはいつも嬉しくて涙がでます。

いつも100%全力投球でがんばらなくてもいい、
自分で演奏しなくてもいい、

でも音楽がいつもそばにいる。
音楽の楽しみかたをよく知っている。

たまに弾いてみたり、
ライブやコンサートに行ってみたり・・

そういうことを気がまえずにできる大人になってほしい。と

レッスンをしながらいつも願っています。












.